2008年01月23日

トルコリラとアイスランドクローナ

トルコリラをはじめ、クロス円が大幅下落となり、
どこまで落ちるのか…と心配になっていましたけど、
本日は日経平均も反発していますし、少し落ち着いたようです。
100円台は遠くなりましたが、引き続き保有していきます。

アイスランドクローナも例外なく下落しています。
導入時期では1.9円ぐらいでしたが、1.58円まで下落しました。
32銭しか下落はしていませんが、下落率は17%なので、
大暴落といえます。次期を見て買いたいと思います。


◆トルコリラで運用している方がたくさんいます!
次項有FX スワップ・長期投資派
次項有上位の入れ替えは凄いことに・・・
posted by noriya at 12:39 | トルコリラ

2008年01月10日

100%信託保全で信頼できる業者

ここ最近のFX業界を見ていると金融庁による一斉点検の
話題をよくみかけます。不正があり倒産した会社もありましたので、
私たちにとっては、定期的に点検してくれることは良いことですね。

でもFX業者には嬉しいサービスが実施されています。
それは信託保全です。信託保全を実施している業者であれば、
もしその業者が倒産した場合でも預けた資産が守られます。

最近ではその信託保全の質にまでこだわりを感じます。
信託保全でも部分信託と完全信託があり、部分信託は
名前の通り預けた資金の一部しか信託保全はされていないので、
倒産した場合は一部しか返ってきません。
FX業者を選ぶなら100%完全信託している業者を選ぶのが良いです。

スワップ金利運用は長期的に運用することになるので、
会社の信用が一番重要になってきます。当然スワップ金利の高さ、
手数料の有無も重要ですが、倒産されたら元も子もないです。
100%信託保全されていても、倒産すれば預けた資産は直ぐには
返ってきませんので、やはり信頼できる業者が一番です。

私が色々な業者を調べた中で、会社の信頼度も高く、
100%信託保全を実施し、さらにスワップ金利も高く、
手数料も無料という業者はセントラル短資です。

高金利通貨のトルコリラ、アイスランドクローナの
取扱いが無いのは残念ですが、南アフリカランドはあります。
南アフリカランドの政策金利はまだ上がるとの見方も多いので、
今のうちから仕込んでおくのも面白いかも知れません。


◆トルコリラで運用している方がたくさんいます!
次項有FX スワップ・長期投資派
次項有上位の入れ替えは凄いことに・・・
posted by noriya at 19:39 | FX一般

2008年01月09日

アイスランドクローナ&トルコリラ

新年明けましておめでとうござます。
今年もスワップ金利運用でいきましょう!
アイスランドクローナとトルコリラの日足チャートです。
今年はどのような動きをするのでしょうかね!!

アイスランドクローナ

トルコリラ


◆トルコリラで運用している方がたくさんいます!
次項有FX スワップ・長期投資派
次項有上位の入れ替えは凄いことに・・・
posted by noriya at 16:06 | トルコリラ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。