2008年06月24日

なんとも微笑ましい

京都市中京区のそば店を兼ねた住宅で、ヒヨドリとみられる鳥が近くの六角堂の境内からおみくじを集め裏庭の木に巣を作った。周囲の人たちはひたむきに子育てする鳥の姿に感動した様子。「縁起も良く、無事にヒナが生まれてほしい」と見守っている。
 そば店の店主矢野敏広さん(60)が見つけた。ツバキの木の高さ2・5メートル付近に、20メートルほど離れた六角堂境内から運んだとみられるおみくじ十数枚や小枝などで巣を作った。
 今月初め、長女(24)が東京のそば店に3年間の修行に出発するため臨時休業にすると、裏庭に「吉」のおみくじが2枚落ちているのを見つけた。「縁起が良い」と思っていたところ、庭の木の上でおみくじをくちばしでつまんだ体長約25センチの鳥が、巣作りに励んでいた。16日に巣の中にうずら卵程度の大きさの卵を生んでいるのを確認した。
 日本鳥類保護連盟会員の西台律子さん=左京区=によると、鳥はヒヨドリとみられ、「紙類で巣を作るのは知っていたが、おみくじとは珍しく面白い」と話す。
 巣は店のそば打ち場のすぐ隣。矢野さんは静かにそばを打つなど子育てに配慮している。「巣を作る前からつがいで偵察に来るなど、鳥の家族愛は強い。卵が無事にかえってほしい」と願っている。

トルコリラで運用している方がたくさんいます!
次項有FX スワップ・長期投資派
次項有上位の方が凄いことになってます・・・
posted by noriya at 20:32 | Comment(0) | マイナー通貨
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。