2008年11月23日

原油価格

米原油先物相場が1バレル=50ドルを割り込む中、国内のガソリン価格も一段と下落が続く可能性が高い。原油価格の下落に伴って、週単位で卸価格を見直す新日本石油や出光興産など石油元売り各社が、価格改定の根拠とする東京工業品取引所(TOCOM)の先物価格やスポット(業者間転売)価格が急落しているためだ。原油価格の下落で、12月から本格的な需要期を迎える灯油も値下がりする可能性が高く、消費者や企業にとっては朗報となりそうだ。

 出光は21日、24〜30日出荷分のガソリン卸価格(全国平均)を前週比1リットル当たり5.0円引き下げると発表した。原油価格の下落が背景にあり、値下げは8週連続。10月からの累計の下げ幅は42.2円となった。卸価格の引き下げは来週以降も続く可能性が高い。同社が価格改定の参考としているTOCOMの原油先物価格の下落が続いているためだ。21日午前のTOCOMは、米原油先物価格の急落を受けて中東産原油が大幅続落し、最も活発に取引されている2009年4月決済物が一時、前日比2490円安の1キロリットル当たり2万8440円(1バレル換算で48ドル)と約3年8カ月ぶりの安値水準に落ち込んだ。

 7月4日につけた史上最高値からは7割の下落幅となった。このため、TOCOMの先物価格に卸価格を連動させている新日石、出光の卸価格は下落する見込みだ。

続きはこちらから

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081121-00000019-fsi-ind

トルコリラで運用している方がたくさんいます!
次項有FX スワップ・長期投資派
次項有上位の方が凄いことになってます・・・
posted by noriya at 23:47 | Comment(0) | FX一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。